FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、通販で売れに売れている魚探を知っていますか?

NAVMAN 魚探と言います。

NAVMAN 魚探を発売しているNAVMANは、
日本では全くの無名メーカーです。

もともと、NAVMANは、PDAやカーナビを
開発していたメーカーです。
他の魚探メーカーとの大きな違いは、
カーナビ開発で培った優れたソフト技術、
ハードウェア技術、ディスプレイ技術です。


1995年ごろから、NAVMANは魚探の開発に
着手しました。NAVMANの求める魚探は、
マリンエレクトロニクスが統合されたものです。

エンジンの計器情報を魚探画面に表示させる
機能、オートパイロットとの連動、座標値を
VHF無線で相互に通報する機能を統合させたものを
マリンエレクトロニクス機能といいます。


このサイトではNAVMAN 魚探の
通販情報や歴史などをご紹介していきますね。

NAVMAN 魚探の詳細はこちらからどうぞ

NAVMAN 魚探の詳細はこちらから☆





スポンサーサイト
通販で売れに売れている、アングラーの味方、
NAVMAN 魚探を知っていますか?

NAVMAN 魚探は世界で初めて、
カラー液晶を搭載した魚探なのです。
魚探のメーカーは数あれど、液晶開発ができる
メーカーはたったの数社しかありません。


そんなかでNAVMAN 魚探がリリース
されたことは、各魚探メーカーに衝撃を与えました。

しかし、よく考えてみると、NAVMANは、もともとは
カーナビを開発していたメーカーなので、
その技術を元に、高輝度ディスプレイを開発
できたわけなのです。


2003年、魚探各メーカーは一斉に新型液晶を
搭載した魚探をリリースしました。
しかし、その中でも、カラー液晶を搭載した
魚探をリリースしたのはNAVMANの魚探だけだったのです。


そして2004年には7インチワイド
600カンデラ800×480ドットという
魚探業界では初めての高密度ディスプレイを
搭載した魚探を発表しました。

7インチモデルでは、GPS部をはじめ、
魚探部全ての面において、世界でもNo.1といえる
性能を有するモデルとなりました。

各魚探メーカーは、大きな衝撃を
受けることになります。

NAVMAN 魚探の詳細はこちらからどうぞ

NAVMAN 魚探の詳細はこちらから☆






今、釣り人の間で大人気の魚探を知っていますか?

NAVMAN 魚探です。

元々はカーナビを開発していたメーカーで
あったNAVMANが、その技術をフルに発揮して
作った魚探がNAVMAN 魚探なのです。

それまで革新的なモデルを発売してきたNAVMANですが、
2006年に、衝撃的なモデルを発表しました。


NAVMAN 魚探のOrca8120と言うモデルです。

12,1インチ 800×600ドットの高輝度、
高解析の魚探です。
これまでにリリースされてきたNAVMAN 魚探の
技術、伝統を継承した、未来に向けた魚探となります。


画面の明るさは、従来の同クラスの魚探をはるかに
上回ります。さらに、直射日光の下で使用しても、
全く問題がありません。

デジタル化された送受信回路は
パルス幅+パルスパワー可変という、
世界で唯一の能力を持ちます。

そして、4800wのパワーを発生することが
出来るのです。このことによって、これまでの
魚探では発見が不可能と言われてきた、
シラスやイカの発見も可能な魚探になっています。

NAVMAN 魚探の詳細はこちらからどうぞ

NAVMAN 魚探の詳細はこちらから☆





今、魚探メーカーで大旋風を巻き起こしている
魚探を知っていますか?

NAVMAN 魚探といいます。

NAVMAN 魚探には、高解像度の縦長液晶が
搭載されています。
国産機のGPS魚探の
ほとんどには、横型液晶が搭載されています。

なぜ、NAVMAN 魚探には縦長液晶が
搭載されているのでしょうか

例えば、500mの深海を測定しようとするとき、
縦が234ドットの液晶だと、約2,1mが
1ドットとなります。

しかし、NAVMAN 魚探のあるモデルは、
縦が800ドットありますので、
500mの深海でも約60cmが1ドットに
値します。

ですので、NAVMAN 魚探のあるモデルのほうが、
ボトムに張り付いた魚を格段に映し出すことが
出来ます。

そして、非常に細かいところの画面表示が
分かるのです。

NAVMAN 魚探の詳細はこちらからどうぞ

NAVMAN 魚探の詳細はこちらから☆





世界でも初めての魚探を次々にリリースしている
魚探を知っていますか?

NAVMAN 魚探です。

NAVMAN 魚探の全機種には、高性能の
CPUが搭載されています。

これまで、ズームイン、ズームアウト、
レンジの切り替えの時、なかなかスムーズに
動作しなくてイライラした経験を持つ人も
多いことでしょう。

高性能のCPUを搭載したNAVMAN 魚探では、
そのイライラやストレスを全く感じさせない
スムーズな動きを実現しています。


また、高性能のCPUの働きで、NAVMAN 魚探に
搭載されている高速発射回路の働きが活発になります。

この高速回路、毎分3000回発射という
高速発射をすることによって、ターゲットに
叩き込み、魚群を映し出します。


この高速発射機能によって、NAVMAN 魚探では
これまで映りにくかったシラスやイカを
映し出すことが可能となっています。

NAVMAN 魚探の詳細はこちらからどうぞ

NAVMAN 魚探の詳細はこちらから☆





魚探業界の革命児、NAVMAN 魚探を
あなたは知っていますか?

前回、NAVMAN 魚探には高速CPUが
搭載
されており、そのおかげで高速発射機能が
素晴らしい働きを見せることを説明しました。

ここでは、高速発射機能についてさらに詳しく
ご説明しますね。

NAVMAN 魚探に搭載されている高速発射機能は、
国産機の約3倍、毎分3000回という高速発射を
ターゲットに叩き込み、魚群を映し出します。


この機能により、今まで映りにくかったイカや
シラスの魚群を映し出すことが出来るのです。

同じクラスの魚探には無い4800wの発射出力、
測深能力は600mまで可能なパワーを持っています。


この毎分3000回の高速発射出力は、
ジグのフォーリングや小さな魚群も映し出せるほどの
力を持っており、さらに、クルーザーの高速走行でも、
海底を追尾することが出来るのです。

船が秒速1mで流れているとき、1分間に
50発高速発射をするので、2cm刻みでの
超音波発射になります。

ですので小さなイカの反応や、高速で移動する
アジ、サバなどの青物などを映し出しやすくなるのです。

NAVMAN 魚探の詳細はこちらからどうぞ

NAVMAN 魚探の詳細はこちらから☆





その高機能で、世界中で愛されている魚探が
あるのを知っていますか?

NAVMAN 魚探です。

ところであなたは、釣りに行くとき、時計は
どんなものを持っていきますか?
おそらく完全防水の、水の中に落としても
大丈夫な時計を持っていっていると思います。

ところが、国産のGPS魚探は、ほとんどが
完全防水ではないのです。


朝夕の急激な冷え込みで結露したり、
雨の中で釣りをしたりすることも多い
環境にある魚探ですので、完全防水の魚探が
あればいいですね。


NAVMAN 魚探は、全てのモデルが完全防水、
不沈構造になっています。

不沈なので、水の中に落としても沈まないのです。

水面下1mで30分間放置しても、浸水しない
という驚きの性能で、不沈構造を持つ
魚探としては世界最高のレベルです。

この性能により、類まれなる耐久性を持っています。


またNAVMAN 魚探には2年間保証体制が
ありますので、本当に良い物を、長期間使える
という安心感があります。

NAVMAN 魚探の詳細はこちらからどうぞ

NAVMAN 魚探の詳細はこちらから☆





ここまで、NAVMAN 魚探の驚きの機能に
ついてご紹介してきました。

もともとはカーナビメーカーのNAVMANが
開発した魚探は、どれも優れた機能を持っています。


もし、NAVMAN 魚探を通販で購入した場合、
送料は全国一律で672円かかります。
(離島、一部地域は追加送料がかかります。)


お支払い方法は・・・・

・クレジットカード
・銀行振り込み
・ショッピングローン
・代金引換

があります。

NAVMAN 魚探の気になるお値段は・・・・・

こちらからご確認くださいね。

NAVMAN 魚探の詳細はこちらから☆






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。